入国審査に大行列…九州8空港の拭えぬ欠点

こんにちは、おぐりです。九州は訪日外国人客が急増して、入国審査に時間がかかっているようですね。以下「東洋経済オンラインより」

  • 政府目標の「20分以内」には程遠く

訪日外国人客が急増する中、入国審査に要する1日のうちの最長待ち時間(2015年平均)が九州7県の空港は26〜39分に達し、政府目標の「20分以内」を上回って、成田空港(18分)や羽田空港(24分)よりも長いことが、西日本新聞の取材で分かった。

福岡空港では2015年度に入管職員を倍増させたが、到着便が集中する時間帯は1時間を超すこともある。佐賀、大分、宮崎の3空港では前年より悪化。アジアの玄関口として、入国審査官の増員や新機器導入など対応が急がれる。

  • 訪日外国人の伸びに対し、職員増が追いつかず

法務省は観光立国に向けた取り組みをまとめた文書で「外国人旅行者がわが国で最初に体験する入国審査は、日本に抱く印象に大きく影響する」と指摘。政府は2014年に最長待ち時間を2016年度までに20分以内に短縮する目標を掲げ、入国審査官の増員などを進めてきた。

しかし、訪日外国人の伸びに対し、職員増などの対応が十分とは言い難い。九州7県8空港への外国人入国者数は、2011年の47万3千人から2015年には163万2千人へ急増。

九州への入国外国人の半数が集中する福岡空港は、過去5年間29人だった入管出張所の職員を15年度は65人に増員した。最長待ち時間は14年の42分から35分に短縮したが、依然として目標の20分以内には届いていない。

法務省は2020年の東京五輪などを見据え、今秋から関西、高松、那覇3空港で、入国審査の時間短縮のため外国人が自分で顔写真の撮影や指紋の登録ができる新機器「バイオカート」を導入。日本人と在留外国人は審査官の面接なしで入国できる「自動化ゲート」も羽田、成田両空港などに配備し、頻繁に来日する出張客に解禁する準備を進めている。

福岡入国管理局は「テロなどを防ぐため、厳格な審査が最優先だが、職員増員による人海戦術などで待ち時間を短縮させたい」と話す。バイオカートなど新機器導入も「他空港の効果を検証し、検討したい」としている。


マイナス金利・円高での資産運用について

こんにちは おぐりです。今日は資産運用について触れてみたいと思います。

 以前は円高・デフレ時代においては、減らさないこと、つまり預貯金が有効な資産運用の選択肢でした。

 しかし、インフレ目標を掲げた第2次安倍政権の誕生によって、実際に円安・インフレ時代が到来すれば、預貯金だけでは資産が目減りする恐れがある。これが転機となり、資産運用の必要性を感じ始める人が一気に増えました。

 さらに、2016年1月には日銀当座預金に0.1%のマイナス金利を適用することが決定された。仮に、マイナス金利が個人向けの金融商品にも影響すれば、資産防衛という観点も求められる。

このように、時代を取り巻く金融・経済情勢によって資産運用の考え方は大きく変わってくる。

では、何から始めればよいのでしょうか?
今現在は投資信託が注目を集めています。投資信託の基礎知識を身に付けるとともに、専門家のアドバイスを活用するなどして十分な対策をしてから始めなければいけませんね。


わが街本町へようこそ

13923374_10209537989348714_2651796692316755610_o

みなさん、こんにちはおぐりです。本町へ視察に早稲田大学の佐藤滋先生と先生の研究室のM1学生さんが8月3日の午後来てくれました。街を視察後、懇親会を名古屋工業大学名誉教授の松本先生と、中津川市役所の方々とで開催しました。とても楽しい機会になりました。皆さんありがとうございました。

13631430_925107510948378_3446850264346070109_n

13654379_925107527615043_398517502715219124_n

 先日に外国人向けボランティアガイドデビューをしたことを伝えると興味を示してくれて、うれしかったです。

名刺にトリップアドバイザーにレビューを外国人に書いてもらう方策も興味をもって聞いいただき、名刺を下さいとおっしゃったので、差し上げました。

この活動を続けていくことが大切だと改めて感じました。


民泊について

みなさん、こんにちは、おぐりです。今日は民泊についてふれてみたいと思います。

民泊とは、人が所有するマンションや住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊めることをいいます。従来は禁止されていましたが、Airbnb (エアビーアンドビー)というサイトが民泊の仲介をしており、日本でも急速に広がっています。

国家戦略特区により旅館業法の特例が認められた地域では、各地で条例を制定することにより旅館業法の特例として民泊(「特区民泊」といいます。)が認められます。

また、上記の「特区民泊」とは別に、訪日客の急増で宿泊施設の不足が深刻にたため、厚生労働省が旅館業法の省令を改正し、旅館業法の「簡易宿所」に関する営業許可の基準を緩和されました。これにより、特区内でなくても旅館業法の枠内で民泊が認められるようになりました(「簡易宿所型民泊」)。

私は、この「簡易宿所型民泊」施設を、当事務所も所在していますが、古い街並みの本町にぜひつくって、少しでも多くの外国人や日本人にも泊まってもらいたいと考えています。そして、伝統的な料理である和食や、お酒の飲めるバーなどもあれば、もっといいですね。泊まってもらったお客様にトリップアドバイザーにレビュー投稿してもらい評価が上がれば、また、お客様を呼んでくれる。そうした好循環を想像していますが・・・。なんとかしたいですね。

皆さんにお願いです、中津川宿にレビュー投稿お願いします<(_ _)>

#民泊 #中津川リニア #外国人

 

 

 

 


ボランティア団体を設立いたします <(_ _)>

こんにちはおぐりです。暑い日が続き、また世界ではテロが頻発して、先行き不安感があるのは私だけではないでしょう。
冷静に考えてみると、じっと何もせず、考え込んでいるとこのような不安感は大きくなるんですよね。たくさんの人と一緒にいたりして前向きな意見があって、それに向かおうと動き始めると不安感は小さくなるんですよね。

さて、私がしなければいけない事、仕事は生活するため当然です。しなければいけない事ではないんですが、ボランティア活動を目的とした団体を設立し、中山道中津川宿という街の活性化を目的に活動を開始したいと考えています。私一人の力は知れています、たくさんの人と一緒にて前向きな考えで、それに向かおうと動き始めると不安感は小さくなり、より大きな力になれると思うんです。

私は本町商店街振興組合事務局長、本町景観協議会副会長を務めさせていただいておりますが、本町というエリアを超えた「リニアの街中津川」を想定しています。もはや本町単独でどうこう出来る問題ではありません。一つの商店街に出来ることには限界がありますし、限界を痛感しています。活動の主体もボランティアとし、営利を目的としない特定非営利法人化を平成29年内に目指します。

「リニアの街中津川」という共通の志を持って盛り上げてゆけるような方なら、中津川に関係する方に限りますが参加いただけるような団体を想定しています。

活動内容は、現在も行い始めました外国人向けの翻訳ボランティアガイドをはじめとして、国際交流、街並み整備、観光ピーアールなど街にとってプラスとなる活動を構成員で話し合い、決めてゆきたいと考えております。

私の上記の内容に同意していただき、参加いただける方を今後募集いたします。まずは概要まで報告させていただきました。ご不明な点は、下記フォームまでお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文